読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生き方が雑

何者かに為れるかと思ったこともあったけど、ただ平凡にごくごく普通に生きていくガール()の日々をつらつらと書いていきます。サラリーマン。食べ歩きが好き。毎日それなりに楽しく生きてます。

三枚におろす、感謝のいちにち

料理

この年齢にして、友人の父上に物事を教わることができる素晴らしさ。

 

友人との会話の中で「魚の下ろし方を覚えたい」という流れがあり、

「それなら父に頼んでみようか?」という神がかった声に乗っからせていただいて、実現したこのイベント。

 

元々、実家BBQなどを開催してくれていたので、ご家族とは面識があるものの、中々こんなことやってもらえないですよね。感謝しかありません。

 

私と友人が、友人両親に教えを乞うというイベントなはずだったのですが…

 

「母が、彼も連れてきてほしいって♪」

 

…。

そんなわけで、私と彼・友人夫婦・そして友人両親という、私の彼が超絶アウェーな空間での開催となりました。ついてきてくれる彼に感謝しかありません。(2回目)

 

お父さんが用意して下さったのは、

鰺×4

いとより!!

鯛!!!

 

なんと35センチくらいある立派な鯛。すばらしい。こんな状態、魚屋でしか見たことありません。

f:id:volvickun:20160322162124j:plain

 

こいつを三枚におろして~

こうして~

f:id:volvickun:20160322162130j:plain

こうじゃ!

f:id:volvickun:20160322162121j:plain

 

なんとご家庭にガスバーナー!

こちらに昆布を巻きつけて二日間くらい寝かせて…鯛の昆布締めを作りました。

こちらはお土産として持たせていただいて、後日自宅でいただくことに。

 

鰺は三枚におろして、叩いて…

薬味と味噌と醤油を混ぜて、あっという間に鰺の叩き!

f:id:volvickun:20160322162118j:plain

いとよりもあっという間におろして、カルパッチョにしていただきました。

 

そして、まさかの「結婚のお祝いに赤飯を炊いたよ」とお赤飯をいただきました。

友人の両親にお赤飯を炊いていただくとか!なんという優しい世界。

更に、お祝いのお品まで。本当に感謝しかありません。(3回目)

 

f:id:volvickun:20160322162115j:plain

 

そのほかにも、いぶりがっこのクリームチーズ添えや、塩漬け豚のオーブン焼きなど。色々とおもてなしをしていただきました。

f:id:volvickun:20160322162110j:plain

f:id:volvickun:20160322162126j:plain

 

教えてもらいに行ったはずが、ひたすらおもてなしをされて終わるという、本当に感謝しかない一日でした。